<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2月23日  お別れ会 文芸部

b0114777_4283078.jpg


久々のオールで楽しくもあり、別れの刻を意味する哀しいものでもあり、
ついにやって参りました、 文芸部 四年生送別会です!

4年間 本当にお疲れ様でした。皆さんの分まで、ボク達 頑張ります!
そんな想ひを胸に抑えつつ、皆いつも通りの曲を歌っては手拍子を合わせます。
時折ドリンクを注ぎに行ったり、喫煙派のお方は煙が恋しくなったり......、
愉快なる時間は1時、2時、3時へと過ぎて行き、そして.........
閉店1時間前の午前4時、ずっと練習をしてきた 惜別の歌を交わす時が来ました。
1人 1人 また1人 
こらえきれなくなった涙があふれ出ていきます。

何故かボクだけ 涙が出ませんでした。
そういう性格ではないからか。
プレゼントにお贈りした作品に 手前の想いをしっかりと託すことができているからか。
自分のことなのに、分からずじまいで夜は明けていきました。
しかしこの気持ちは皆と等しく在ると言い切れます。

 ありがとう 

そして、

 あなたがたのぶんは ぼくが がんばる
[PR]
by knittman | 2008-02-24 16:55 | イベント

2月20日  四年生を想ひて

b0114777_305716.jpg


ボクの所属する文芸部では毎年2月の下旬にお別れ会が開かれ、
それまでに1年、2年、3年生の人達はそのアルバム作成で
忙しい日々となるのですが、

それらとはオリジナルに、冬の必需品 ハンドクリームを入れるケースを、
ご卒業になられる3人にお作り致しました。
肝心のクリームは、人数の問題もありまして
ボクがいつも使っているものと同じ安物ですが(^^;)

 心が 心がこもっていれば☆☆(^^;;;) 
[PR]
by knittman | 2008-02-20 02:38 | 手芸作品

2月17日  旧友への誕生日プレゼント

b0114777_23512716.jpg


今となれば次第に思い出となりゆくことですが、
ボクはかつて、筑陽学園と言う大宰府の高校に通っていました。
中高一貫教育で、6年間同じクラスメイトと毎日を共にしました。

その中で、自信をもって親友と言える人が1人いました。
理不尽なことも少なくはなかったけれど、彼がいるから
楽しい日々が過ごせた.................。

部活で忙しく、進歩の見られない作風ですが、
ここに載せようと思います。
[PR]
by knittman | 2008-02-17 23:51 | 手芸作品

2月9日  デミ(半)・ハンドニット

b0114777_5302711.jpg


これは 裾先の飾り布とポケットだけを編み、細い綴じ針で縫いつけたものです。
普通の生地とニットの生地をつなぎ合わせるという 目数の合わぬ挑戦をしてみました。
現在、寝間着として使っています。

こうして出来上がりをみると、「うわ~、すごく単純に見える(^^;)」と、やってみた自分でも
思ってしまいますが、実際はチャコペンで1目1目を
丁寧に印付けしないといけませんでしたし、余分な糸を切る際に
服地まで傷つけて取り返しのつかないことになったりと、いろいろ大変でした。

まだまだ危険は高くとも、これで夏服を いろいろ応用していきながら
デミ(半)・ニッティングしてみる価値は一応、有るかも知れません。
[PR]
by knittman | 2008-02-09 20:46 | 手芸作品

2月1日  子供服5号

b0114777_23501196.jpg


これは中細の、ナイロンが混じった糸で作りました、春物のジャケットです。
本来は商品にしたいところでしたが、同じ福祉大学の人といろいろあり、
彼に渡すことになってしまいました。
友達と云うにも怪しく、今ではメルアドを変えて
彼とは距離を置いています。.......つまりは絶交です。

何故 子供服にしたかといいますと、その人にはどうやら
彼女さんがいらっしゃるらしいので(とうとう会うことは無かったけれど)、
最後に二人の幸せを祈って.....そうしました。

......いかん、想いだしたら涙が.......


12月にマフラーをプレゼントした人とは また違います。
[PR]
by knittman | 2008-02-01 23:50 | 手芸作品