タグ:プレゼント ( 46 ) タグの人気記事

4月3日  一言壁飾り 【 ココロに桜 】

b0114777_301352.jpg

 
★★ 使用した糸 ★★
◇ 生地部分 ◇
〇 ハマナカ Best Friends クラフト L 
材質 : アクリル 100%
製造元 : ハマナカ株式会社
 
◇ 文字部分 ◇
〇 ハマナカボニー 
材質 : アクリル 100%
製造元 : ハマナカ株式会社
 
◇ 使った針 : 棒針4号 ・ 綴じ針 大小2本  
◇ 他、ハサミ、フェルト1枚、3B以上の黒鉛筆  
 
 
 
☆☆ 製作過程のカケラ ☆☆
 
b0114777_301334.jpg

 
 
b0114777_301362.jpg

 
 
b0114777_301377.jpg

 
 
† 友《きみ》と逢うまでの軌跡を もう一度 辿った先は ココロに 桜
 
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
 
 
[PR]
by knittman | 2009-04-03 03:00 | 手芸作品

3月14日  壁掛け式 小物ケース 

b0114777_0401359.jpg

 
 
†† 使用した糸 ††
 
◇◇ 本体部分 ◇◇
〇 ハマナカ Best Friends クラフト L 
材質 : アクリル 100%
製造元 : ハマナカ株式会社
 
◇◇ 花飾り部分 ◇◇
〇 リサール ルセーナ 【毛混並太】 
材質 : アクリル 70%   毛 30%
製造元 : 株式会社 ホームクラフト
 
◇ 使用した針 : 棒針4号 ・ かぎ針4号 ・ とじ針1本
 
 
 
 
☆ ☆ 製作過程のカケラ ☆ ☆
 
b0114777_0401322.jpg

 
 
b0114777_040135.jpg

 
 
b0114777_040131.jpg

 
 
b0114777_232666.jpg

 
 
b0114777_2322620.jpg

 
 
【 3月25日 補足 】
 
この作品は、元々 自分用に作ったものでしたが、
母さんの誕生日を境に、レッスン室の壁に取り付けました。
ハッピーバースデー。 (*・ ω ・*) Y ♪
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
 
 
 
[PR]
by knittman | 2009-03-14 00:40 | 手芸作品

2月7日  ブックカバー 3号 

b0114777_2151524.jpg

 
b0114777_215159.jpg

 
 
★★ 今回使用した糸 ★★  
〇 ハマナカ Best Friends クラフト L 
〇 材質 : アクリル100% 
〇 売っている店 : サンカクヤ など ( 1玉 189円 ) 
〇 製造元 : ハマナカ株式会社 御中
 
◇ 使用した針 : 棒針4号、綴じ針1本 
 
 
 
☆ ☆ 製作過程のカケラ ☆ ☆
 
b0114777_211124.jpg

 
b0114777_2111356.jpg

 
† Roman Tico 時が何年巡っても 遊びに来るね いつものように
 
こんばんは、和馬です。
2月に入りまして、最初の完成品です。
こちらは、部活のお別れ会に向けて編みました、
宇野先輩へ贈る 本つきブックカバーです。
添えの本は、宮沢賢治さんの 【 銀河鉄道の夜 】 にしています。
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
 
 
[PR]
by knittman | 2009-02-07 21:05 | 手芸作品

12月27日  一言壁飾り 『えがお キラキラ』

b0114777_16342390.jpg

 
★★ 今回使用した糸 ★★
◇ 生地部分 ◇ 
〇 SeaQueen Washable Cotton 《 シークイン ウォッシャブルコットン 》 
〇 材質 : コットン50% アクリル50% 
〇 製造元 : ハマナカ株式会社 御中
 
◇ 文字部分 ◇ 
〇 ハマナカ ボニー
〇 材質 : アクリル100% 
〇 製造元 : ハマナカ株式会社 御中
 
◇ 使用した針 : 棒針4号、綴じ針1本 
 
 
 
★ ★ ★ 製作過程のカケラ ★ ★ ★
 
b0114777_16342376.jpg

 
b0114777_16342352.jpg

 
b0114777_16342370.jpg

 
こんにちは、和馬です。
今回編みました この壁飾りは、
とある保育園に寄付しようとして手がけましたものです。
その保育園は とある元同級生のお母さんが経営していて、
また、その 昔友達だった男子も、お母さんと同じく そこの保育士に勤めるべく
ボクと同じ 福岡福祉医療大学で勉強していますので、 
彼への応援の意も込めております。
今は それぞれ お互いの世界ができあがっているということもあり、
お話しすることは ほとんどございませんが…。
(´・ ω ・`)゛
 
今作では、記号を使用して 表情をつくる“絵文字”を、
編み込みでやってみました。
今回は、かっこ → () を 左右均等に縫い込むところと、
初挑戦の文字 オメガ → ω が、結構がんばりましたね…。
(*^ ω ^*)ヾ ゛゛
 
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
 
 
 
[PR]
by knittman | 2008-12-27 16:34 | 手芸作品

12月24日  壁飾り  ☆ with短歌 2号 ☆ 

b0114777_17391814.jpg

☆ ↑ ☆ クリックして頂くと、拡大された画像が出て参ります。
 
† 善きことができる世界にいることを 感謝しましょう 父なる神に
 
 
★★ 使用した糸 ★★
◇ 生地部分 ◇
〇 リサール ルセーナ 【毛混並太】 
材質 : アクリル 70%   毛 30%
製造元 : 株式会社 ホームクラフト 御中
 
◇ 文字部分 ◇
〇 ハマナカボニー (太さ : 極太) 
材質 : アクリル 100%
製造元 : ハマナカ株式会社 御中

◇ 使った針 : 棒針4号 ・ 綴じ針 ◇ 
 
 
☆ ☆ 製作過程のカケラ ☆ ☆ ☆ ☆
 
b0114777_1822563.jpg

 
b0114777_1832160.jpg

 
b0114777_1845970.jpg


b0114777_17391883.jpg

 
b0114777_1852210.jpg

 
b0114777_1854637.jpg

 
b0114777_1835299.jpg

 
 
** 12月25日 **
 
こんにちは、和馬です。 (*・ ω ・*)ゝ 
今回は、9月6日に 第1作目が出来上がって以来、
2作目の “短歌の壁飾り”を編んで参りました。
今作は クリスマスに向けて、とある教会の本部へ 寄付させて頂こうと
お作りしたものですので、
編み込みました短歌も、いつもに増して スピリチュアルなものに致しました。
 
他人に、友に対して 善い行いをした。
しかし、それで 感謝されるだけでは ダメなんだ、
そこで ボクたちも 心の中でいいから、感謝しなくてはならない。
ひとつは 善いことをさせてくれた そのひとへ。
そして、善い行いが 推奨される、この世界を創り、
今日も どこかで運営して下さっている、 神に。
 
…そのような意味合いを込めて、綴じ針で チクチクと刺繍して参りました。
 
そして 今回、文章のほうが 少し遅れましたのは、
実際に受け取って頂けてから、問題なく喜んで頂けたら 書こう、
と決めていたゆえです。
2年前、とある友達の誘いを受けてから、
時折 教会員の方々に 聖人たちの教えを説いて頂いたり、
クリスマスや ハロウィンのパーティーに御招き頂いたり、
いろいろとお世話になりましたゆえ…。
時間の都合等で しっかりと入団もせず、中ぶらりんな自分に
何かできること…。 そう考えましたとき、
この壁飾りを、精一杯の祈りを込めて作ること。 …これに至りました。 
 
昨日は 実に問題なく受け取って頂き、
また 二人、新しい教会員の方とも 友好的なひとときを過ごすことが出来て、
本当に 編んで良かった!と思います。
(*^ ω ^*)ゞ
 
今日は 夕方から、そこの本部にて クリスマスパーティーがもう1日開かれ、
長老の方々らも御誘いを受けていますので、お伺いさせて頂きます。
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
 
 
[PR]
by knittman | 2008-12-23 17:39 | 手芸作品

12月12日  手帳カバー  * 作り方解説付き *

b0114777_82128.jpg

 
★★ 今回使用した毛絲 ★★
: Medley M ( メドレー エム ) 1玉
〇 材質 : アクリル 100%
〇 製造元 : 旭紡績株式会社 御中
★ 使用した針 : 棒針4号 綴じ針1本
★ その他の道具 : ハサミ カラーロープ(細) 結び目カバー 
  ( ↑ いずれも 100均モノで OK ) 
 
 
★★ ゲージ ★★ 
〇 表紙部分 : 横52目 × 縦80段
( 鹿の子編み 5×5  横10マス+両端1目 × 16マス )
〇 中折り部分 : 横52目 × 縦20目  ※ 2枚 ※
( 鹿の子編み 5×5  横10マス+両端1目 × 4マス ) 
 
 
 
 
♪♪ レッスン by 和馬 ♪♪  * 第3弾 * 
 
☆ ブックカバーの作り方 (手帳サイズ) ☆
 
 
※ もし、一緒にチャレンジして下さる御方がいらっしゃいましたら、
 その前に、サンカクヤ等にて 棒編みの教本をお買いになられ、
 それを合わせて見ながら 編んで頂くことをお勧め申し上げます。
 隙間だらけのレッスンとなりますゆえ、チャレンジャーの方々には
 幾分か ご迷惑をおかけしてしまうと思い存じ上げます。 (´・ ω ・`);ゞ
 
 
☆ 1 ☆
b0114777_0281496.jpg

まずは 棒針を2本 向きを揃えて持ち、作り目(最初に編む段のこと)を
52目 こしらえます。
この時、編み始めの糸は 多少もったいなくとも かなり長めにしておきます。
今回は(も)、5×5目の 鹿の子模様で編み進めていきますので、
5かけるの 横10マス分、そして 横端を 縫い付けのときに備えて
1目余分にとる....ということで、左右に2目多い、52目に致します。
 
この 始めの作り目を終えましたら、端きれ側の糸は
ハサミで切ってしまうのですが、この際 必ず20センチ程の
余裕を残しておくようにします。
 
 
b0114777_0284611.jpg
 
そして、次の1段目は、
最初の6目を 裏編みで、
次の 7~11目を 表編みで、
次の 12~16目は 裏編みで、
そして 17~21目は 表編み、
22~26目 裏編み、 27~31目 表編み、
32~36目 裏編み、 37~41目 表編み、
42~46目 裏編み、 47~52目 表編み、
と 5目ごと(横端 +1目)に 表編みと裏編みを 交互に編んで参ります。
 
 
 
 
☆ 2 ☆
b0114777_82121.jpg

その後、5段編んでいくごとに、全ての編み目の表裏を交替させて
80段(16マス)、編み進めていきましょう。
 
☆ 交替1回目 : 6段目
☆ 交替2回目 : 11段目
☆ 交替3回目 : 16段目
☆ 交替4回目 : 21段目
☆ 交替5回目 : 26段目
☆ 交替6回目 : 31段目
☆ 交替7回目 : 36段目
☆ 交替8回目 : 41段目
☆ 交替9回目 : 46段目
☆ 交替10回目 : 51段目
☆ 交替11回目 : 56段目
☆ 交替12回目 : 61段目
☆ 交替13回目 : 66段目
☆ 交替14回目 : 71段目
☆ 交替15回目 : 76段目
 
そして 16マス目の最後 80段まで 編んでいきます。
 
 
 
 
☆ 3 ☆
b0114777_22122831.jpg

本体部分を 最後まで編み終えましたら、
今度は このように、伏せ止めを行なって
これまで掛かっていた編み針から、生地を離していきましょう。
 
伏せ止めをして 糸端を輪の中に通して絞りましたら
あとの糸は ハサミで切ることになるのですが、
この際 必ず 20センチ程の余裕を残して切るようにしましょう。
 
 
 
 
☆ 4 ☆
b0114777_22131427.jpg

伏せ止めを終えましたら、
今度は 綴じ針を使って 編み始め、編み終え部分の、
糸端の始末に取り掛かります。
 
まず、糸端に綴じ針を通して 近くの編み目に刺し込み、
そこから上の編み目に 波状に5~6目ほど通していきます。
そして 今度は刺し込んできた逆の方向へ 針を入れ、
再び方向を変えて 5~6目、波状に綴じ針を入れていきます。
 
 
b0114777_22143697.jpg

次に 先ほどから本体を編んできました 手元の糸玉から、
30センチほど糸を切り取り、
先ほど処理をした糸端のすぐ近くの編み目に通します。
 
そして、上の写真で ボクがしていますように、
これら計3本の糸端をまとめて かた結びにします。 2回 行ないましょう。
 
これらが終わって、ついにこれまでそっとしておいた糸端を
ハサミで切ることができます。
そして この際も 端は1センチ程の余裕を残しておきましょう。
 
 
 
 
☆ 5 ☆
b0114777_23221894.jpg

次は、カバーの腕(?)の部分を 2つ、同じ形で編みましょう。
横の寸法は 本体部分と全く同じ 52目(10マス+左右に1目)ですので、
1番の手順と同じように作り目を編み、
それから 同じく 5×5の鹿の子模様を4マス分、
つまり、20段 編んで参ります。
 
 
 
 
☆ 6 ☆
b0114777_23242014.jpg

  
b0114777_23253599.jpg

 
b0114777_23405780.jpg

2個とも編み上がりましたら、
次は 4番の手順と全く同じ要領で
編み始めと編み終わりの2ヶ所を 2回、計4ヶ所の糸端を
上の図で ボクがしていますように、綴じ針を使って 糸始末をします。
 
 
 
 
☆ 7 ☆ 
b0114777_23434460.jpg

 
b0114777_23453454.jpg

本体、そして腕の部分 両方が出来上がりましたところで、 
ついに これらのパーツを、綴じ針で縫いつける過程に取り掛かります。
 
写真の1枚目と2枚目のように、
まず 腕部分の一方を 本体につなげます。
横端と上下の3ヶ所をこのように チクチクと縫い付けていきましょう。
* ↓ * 和馬式 綴じ縫いの図。
b0114777_17201229.jpg

 
 
b0114777_23475031.jpg

 
b0114777_23481061.jpg

それができましたら、次の3枚目と4枚目のように
結び目を裏側に持っていきます。 
 
 
 
 
☆ 8 ☆
b0114777_2349839.jpg

 
b0114777_23495611.jpg

そして 縫い上がった片方のポケットに 手帳の表紙を差し込み、
もう片方の表紙に もう一方の腕部分の生地をかぶせるようにして、
反対側を このように縫い付けていきましょう。
 
 
 
 
☆ 9 ☆
b0114777_23502996.jpg

 
b0114777_23505350.jpg

 
そして 最後に、しおりなどの飾り付けをしましたら… 出来上がりです。
 
おつかれさまでした。 (*^ ω ^*)ゞ
 
 
今回、ボクがとりかかりましたのは 手帳サイズのものですが、
編み始めの目数を お好きな本の大きさに合わせて増やしましたり、
また、その時のお好みに応じて
毛絲の種類と 編み針の号数(太さ)を 変えられたりすることにより、
その作り手だけの オリジナルブックカバーが出来上がります。
 
 
それでは、今後とも
拙 手編み人 福本和馬 の部屋 を、
よろしくお願い申し上げます。
 
  ☆ ☆ (*・ ω ・*)ゞ ☆ ☆ 
 
 
 
 
[PR]
by knittman | 2008-12-12 08:02 | 手芸作品

11月27日  壁飾り with川柳

b0114777_2358146.jpg

† あいさつが創る 素敵なこの世界
 
こんにちは、和馬です。 やっと 本文の書き込みができる....。 ( ´・ ω ・`;)
 
今回 編んで参りました この壁飾りは、以前ボクがお世話になりました
マイマイスクール花畑という 自動車学校へお贈りするものです。
昨年の2月初旬から 7月18日まで通っていました。
しかしまあ...オートマ限定で、しかも車を使うことは殆どない(年に5~6回くらい)、
世に言う ペーパードライバー というやつですが....。
 
明日も 部活(文芸部)の都合で 帰りが晩くなりますので、
お贈りできるのは 土曜日になりますね...。 ( ´・ ω ・` )
 
今作で使いました毛絲は、生地の方は サンカクヤにて販売されています、
ハマナカ株式会社御中の 『 SeaQueen WashableCotton 』(231円)を、
文字の方は 長住商店街にあります『ソーイングショップ マヤ』というお店にて
販売されています、『チロルヤーン』というものを使用しました。
 
 
 
☆ ☆ 製作過程のカケラ ☆ ☆
 
b0114777_2358175.jpg

こちらは、ダイエー二日市店の フードコートにて。
 
 
 
b0114777_18454389.jpg

こちらは、自室にて。 今作は 「素」の文字が 最も考えました。 
 
 
 
b0114777_2358126.jpg

そして こちらは、大学内の休憩スペースにて。
この他にも ファミレス、喫茶店を利用して作ることもあります。
この部屋を知って頂けるような出会いも たまにございますゆえ。
 
 
 
 
途中、三句目の “この世界” の刺繍にとり掛かりましたとき、
「“新世界” でもよかったかもなぁ...。」と思ったりもしましたが、
もしそうしてしまいましたら、そこはこれまでずっと、
あいさつの交わされることが無いところなのか。 ...ということに
なってしまいますので、やはり “この世界” に致しました。
 
しかし、編み始めたときから薄々と思っていたことですが...、
 
これ、ボクが勧告することじゃないよな。;
 
知り合いの方から せっかく挨拶をして頂いた時も、
たまに そのとき丁度 考え事に耽っていて、
つい お返事をし損なってしまうことが有りますし...。
..... 申し訳ありません。 m( _ _ )m
 
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
 
 
[PR]
by knittman | 2008-11-26 23:58 | 手芸作品

11月13日  ハンカチ その3 【 黄緑&白 】

b0114777_7445126.jpg

こんばんは、和馬です。
先ほど 深夜2時半、新たな作品が出来上がりました。
最近できた友達に頼まれて編みました、コットン100パーセントのハンカチです。
今作に使用しました毛絲は、株式会社パピー御中の 『Soft Cotton』 で、
編み針は 棒針4号を使って 取り組みました。
 
今回は、8月に行なって以来の 『レッスン by 和馬』 をすべく
製作過程の写真をかなり多めに撮影しています。(相変わらず独りで。)
 
14日 午後11時 完了 ↓
 
 
☆ ☆ レッスン by 和馬  * ハンカチの作り方 *  ☆ ☆
 
*必要なもの*
〇 コットン100%の毛絲を2玉(2色を1玉ずつ)
〇 棒編み針4号   〇 ハサミ   〇 綴じ針
〇 ボタン・リボン等の飾り付けをお好みで
〇 棒針編みの教本 ( ここでボクがお教えすることのみでは 足りません。; )
 
 
☆☆ 1 ☆☆
b0114777_743826.jpg

まず、作り目を40目(5×5の鹿の子編みを8つ)編み、
そして 14マス(70目)まで編み進めます。
途中、12マス目(56目)から13マス目(65目)までの間には、
図のように、横30目(6マス)・縦10目(2マス)の
メリヤス編みの部分をこしらえます。
 
 
☆☆ 2 ☆☆
b0114777_2250071.jpg

それが終わりましたら、以前に 『プチバッグの作り方』の際に
紹介しました手法の糸始末を施します。
 
 
☆☆ 3 ☆☆
b0114777_2411726.jpg

ぎゅっ! と。 しかし 勢い余ってちぎらないように。
 
 
☆☆ 4 ☆☆
b0114777_2414277.jpg

場所を変えまして翌日、
(二日市駅東口より 右に20mほど行きましたところに在る 喫茶店にて。)
続いては、色違いの 同じ毛絲を取り出しまして、
横12目・縦70目(横2マス・縦14マス、しかし 1マスが 横6目・縦5目の形に。)
の 横に縫い付けるパーツを 2つ編みます。
 
 
☆☆ 5 ☆☆
b0114777_242578.jpg

そして、糸始末をしましょう。
 
 
☆☆ 6 ☆☆
b0114777_2423893.jpg

編み上がった2つのパーツを、本体の横に縫い付けます。
ここで注意すべき点は、両側とも 本体のほうが上になるよう
縫っていくこと、そして 縫い目をかけ違わぬよう、
こまめに確かめながら進めていくことです。
 
☆ 和馬式 綴じ付けの図 (正統派ではありません。) ☆
b0114777_239015.jpg


 
☆☆ 7 ☆☆ 
b0114777_2425633.jpg

上の図のように、先ほどと 編み目がかみ合う感じに
縫い返していきます。最後まで縫い進めましたら、戻ってきた 2つの糸端を
かた結び3回、束ね結びを2回行なって、
1センチほどの余裕を残して 切りましょう。
 
 
☆☆ 8 ☆☆
b0114777_7464028.jpg

再び 場所を変えまして(自室です)、
先ほどの パーツに使いました糸をまた使用しまして、
今度は 縦両端の段の網目に、図のように 棒針で糸をかき揚げて
新しい作り目をこしらえます。
これは けっこう力を使い 手にこたえる作業ですが、
慣れれば おのずと楽になってきます。
 
 
☆☆ 9 ☆☆ 
b0114777_2434268.jpg

8の過程を終えましたら、次は もう一方の編み針を手に 編み始めるのですが、
これまで手がけてきた鹿の子編みとは異なり、
次の1段を、全て裏編みで編み進めます。
その次は また その段の全てを裏編みで行なって参ります。
マフラーなどでよく行なわれます、1目ゴム編み というものです。
しかし、この作品は わずかこの2段で終了です。
 
 
☆☆ 10 ☆☆
b0114777_244630.jpg

その後、伏せ止めを致します。
 
 
☆☆ 11 ☆☆
b0114777_244225.jpg

そして、反対側の縦端にも 8~11の過程を繰り返しましたら、
最初の図のように 完成となります。 お疲れさまでした。
 
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
 
 
 
[PR]
by knittman | 2008-11-13 02:13 | 手芸作品

11月7日  輪編みの飾り花

b0114777_18551339.jpg

こんにちは、和馬です。
完成写真をアップロードしてから 文章を書くのが 遅れてしまいましたが...、
今回は、今までに作れなかった 新しいタイプの作品を
編み遂げることができて、本当に良いひとときでした。 ( ^ ω ^;)
 
今作で使いました毛絲は、ただ今 西鉄ストアで販売されています、
『 Recerl Colorful Mohair 《 リサール カラフルモヘア 》 』
【 太さ:合細  材質:アクリル  価格:5個500円 】 を 使用しました。(花の部分)
葉っぱの部分は サンカクヤにて置いてあります
『 Best Friends クラフト L 』
【 太さ:並太  材質:アクリル  価格:189円 】 です。
 
 
 
☆☆☆☆ 製作過程のカケラ ☆☆☆☆☆
 
 
b0114777_18551317.jpg

もともとは コースターを作るはずだったボク。
しかし どうしたことか、なかなか形がうまく整わず、
いろいろなところが ふにゃふにゃと曲がってしまいます。 
3回目に入ったころ、ボクは 考えました。
この失敗作をどうしようかと....。
 
そんななか、ボクは コースターにするはずだったこれらを見て、
ふと 思いました。  「これ...重ねると 花みたいにならないかしら....」
 
 
 
b0114777_18551326.jpg

そして、ボクは その時 丁度持ち合わせていた 緑の毛絲を使い、
葉っぱを編み始めました。
少し考えながら、しかし基本はランダムに 増し目と減らし目を行いながら、
葉っぱの形になるよう 3×3の鹿の子編みで 編み進めていきます。
 
 
 
b0114777_1855132.jpg

そして 桃色の糸で 輪編みの花びらをもう1枚作り、
(もと コースターの予定だった)花弁4枚と 葉っぱ1枚を
綴じ針で いっぺんに縫い合わせていきます。
 
そして、この後 裏に安全ピンを埋め込みましたら、
飾り花として 転生(?)を遂げて完成です!
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
 
 
ピアノレッスンの都合で、また編集が途切れてしまい
申し訳ありませんでした。
そして 楽譜と教科書以外の本を 全く読まぬ日々を過ごしているせいか、
いよいよ 文章力があやうくなってきました 今日このごろですが、
これからも、この 『手編み人 福本和馬の部屋』を よろしくお願いします。
 
 
 
[PR]
by knittman | 2008-11-07 18:55 | 手芸作品

10月30日  壁飾り with 俳句

b0114777_23285039.jpg

† 支え合うことの喜び とわに在れ
 
こんばんは、和馬です。
本日22時、またひとつ手芸作品が 完成に至ることができました。
こちらは、ボクの とある友達と その恋人さんのお二人へお贈りしますもので、
材料は、今年最後となるであろう ダイソー御中の
『きらりんラメ』 を使って編みました。文字の部分は、『チロルヤーン』という、
長住商店街に在ります 『ソーイングショップ マヤ』で買った毛絲を使っています。
 
今回、この壁飾りをあげます その友達は、
かつて 去年の12月、ボクに マフラーの作り方を教えてほしいと頼み、
そして 一緒に編みながらお教えすることことになりました女子で、
そのひとが作るマフラーは 彼氏さんへお贈りするためのものだったそうです。
そして いろいろとありながらも、24日のクリスマスイブに 無事出来上がり、
その夜、お渡しできたそうです。
あの時の ボクのレッスン以来、そのひととは友達となり、
互いに ブログを日々読み合っています。
今作の壁飾りは、「あの日 レッスンの手本にボクを選んでくれてありがとう。」
という想いを込めて編みましたものです。
そして、あともう一人 あの時その人と一緒にお教えしました女子がいましたので、
その人にも ボクを手本に選んでくれたことへの感謝の気持ちとして、
....そうね...、 コースターを編もうと思います存じ上げます。
 
いつかは、女子だけでなく 男子とも、あの日のように
手芸で互いに豊かな時間を過ごす...、そのような日が訪れたら... と
時折 強く想うときがございます。 .... もっと 頑張らなきゃな。
これから 福祉の世界において、今 この胸に絶えず抱いている、
正義と平等に満ちた 美しい未来を実現するために。
  
 
 
 
☆ ☆ ☆ ☆ 製作過程のカケラ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
b0114777_23292260.jpg

今作で初めての新文字 『合』。
わりと簡単なほうではありますが、カサの部分を どこから縫い始めようか
ということで、いささか迷いました。
 
 
 
b0114777_23294438.jpg

今回は、いつもでしたら 生地を支えるだけの裏地も 飾りとして使い、
愛し合うお二人の スウィートな絆を表現致しました。
今作は、製作者の私自身としては、苺クリームをふんだんに使った
ムースケーキをイメージしつつ編みました。
2つの 小さな赤いリボンが、苺の実... には見えませんか...。 (´・ ω ・`)
これまで手掛けてきました場合よりも 四方に7~8センチほど
大きくはみ出るほど 多めに裏地をとっておき、鉛筆でマークしました部分は、
いつものように 編み目に合わせつつ縫って参ります。
 
 
 
b0114777_2330792.jpg

そして、ハサミで ランダムに (しかし、生クリームのイメージがかもしだされるよう、
形には それなりに気をつけながら) 切っていきます。
 
 
 お二人の幸せを、これからも 僕は祈り続けています。
 
 
 
[PR]
by knittman | 2008-10-30 23:13 | 手芸作品