タグ:レッスン by 和馬 ( 4 ) タグの人気記事

12月12日  手帳カバー  * 作り方解説付き *

b0114777_82128.jpg

 
★★ 今回使用した毛絲 ★★
: Medley M ( メドレー エム ) 1玉
〇 材質 : アクリル 100%
〇 製造元 : 旭紡績株式会社 御中
★ 使用した針 : 棒針4号 綴じ針1本
★ その他の道具 : ハサミ カラーロープ(細) 結び目カバー 
  ( ↑ いずれも 100均モノで OK ) 
 
 
★★ ゲージ ★★ 
〇 表紙部分 : 横52目 × 縦80段
( 鹿の子編み 5×5  横10マス+両端1目 × 16マス )
〇 中折り部分 : 横52目 × 縦20目  ※ 2枚 ※
( 鹿の子編み 5×5  横10マス+両端1目 × 4マス ) 
 
 
 
 
♪♪ レッスン by 和馬 ♪♪  * 第3弾 * 
 
☆ ブックカバーの作り方 (手帳サイズ) ☆
 
 
※ もし、一緒にチャレンジして下さる御方がいらっしゃいましたら、
 その前に、サンカクヤ等にて 棒編みの教本をお買いになられ、
 それを合わせて見ながら 編んで頂くことをお勧め申し上げます。
 隙間だらけのレッスンとなりますゆえ、チャレンジャーの方々には
 幾分か ご迷惑をおかけしてしまうと思い存じ上げます。 (´・ ω ・`);ゞ
 
 
☆ 1 ☆
b0114777_0281496.jpg

まずは 棒針を2本 向きを揃えて持ち、作り目(最初に編む段のこと)を
52目 こしらえます。
この時、編み始めの糸は 多少もったいなくとも かなり長めにしておきます。
今回は(も)、5×5目の 鹿の子模様で編み進めていきますので、
5かけるの 横10マス分、そして 横端を 縫い付けのときに備えて
1目余分にとる....ということで、左右に2目多い、52目に致します。
 
この 始めの作り目を終えましたら、端きれ側の糸は
ハサミで切ってしまうのですが、この際 必ず20センチ程の
余裕を残しておくようにします。
 
 
b0114777_0284611.jpg
 
そして、次の1段目は、
最初の6目を 裏編みで、
次の 7~11目を 表編みで、
次の 12~16目は 裏編みで、
そして 17~21目は 表編み、
22~26目 裏編み、 27~31目 表編み、
32~36目 裏編み、 37~41目 表編み、
42~46目 裏編み、 47~52目 表編み、
と 5目ごと(横端 +1目)に 表編みと裏編みを 交互に編んで参ります。
 
 
 
 
☆ 2 ☆
b0114777_82121.jpg

その後、5段編んでいくごとに、全ての編み目の表裏を交替させて
80段(16マス)、編み進めていきましょう。
 
☆ 交替1回目 : 6段目
☆ 交替2回目 : 11段目
☆ 交替3回目 : 16段目
☆ 交替4回目 : 21段目
☆ 交替5回目 : 26段目
☆ 交替6回目 : 31段目
☆ 交替7回目 : 36段目
☆ 交替8回目 : 41段目
☆ 交替9回目 : 46段目
☆ 交替10回目 : 51段目
☆ 交替11回目 : 56段目
☆ 交替12回目 : 61段目
☆ 交替13回目 : 66段目
☆ 交替14回目 : 71段目
☆ 交替15回目 : 76段目
 
そして 16マス目の最後 80段まで 編んでいきます。
 
 
 
 
☆ 3 ☆
b0114777_22122831.jpg

本体部分を 最後まで編み終えましたら、
今度は このように、伏せ止めを行なって
これまで掛かっていた編み針から、生地を離していきましょう。
 
伏せ止めをして 糸端を輪の中に通して絞りましたら
あとの糸は ハサミで切ることになるのですが、
この際 必ず 20センチ程の余裕を残して切るようにしましょう。
 
 
 
 
☆ 4 ☆
b0114777_22131427.jpg

伏せ止めを終えましたら、
今度は 綴じ針を使って 編み始め、編み終え部分の、
糸端の始末に取り掛かります。
 
まず、糸端に綴じ針を通して 近くの編み目に刺し込み、
そこから上の編み目に 波状に5~6目ほど通していきます。
そして 今度は刺し込んできた逆の方向へ 針を入れ、
再び方向を変えて 5~6目、波状に綴じ針を入れていきます。
 
 
b0114777_22143697.jpg

次に 先ほどから本体を編んできました 手元の糸玉から、
30センチほど糸を切り取り、
先ほど処理をした糸端のすぐ近くの編み目に通します。
 
そして、上の写真で ボクがしていますように、
これら計3本の糸端をまとめて かた結びにします。 2回 行ないましょう。
 
これらが終わって、ついにこれまでそっとしておいた糸端を
ハサミで切ることができます。
そして この際も 端は1センチ程の余裕を残しておきましょう。
 
 
 
 
☆ 5 ☆
b0114777_23221894.jpg

次は、カバーの腕(?)の部分を 2つ、同じ形で編みましょう。
横の寸法は 本体部分と全く同じ 52目(10マス+左右に1目)ですので、
1番の手順と同じように作り目を編み、
それから 同じく 5×5の鹿の子模様を4マス分、
つまり、20段 編んで参ります。
 
 
 
 
☆ 6 ☆
b0114777_23242014.jpg

  
b0114777_23253599.jpg

 
b0114777_23405780.jpg

2個とも編み上がりましたら、
次は 4番の手順と全く同じ要領で
編み始めと編み終わりの2ヶ所を 2回、計4ヶ所の糸端を
上の図で ボクがしていますように、綴じ針を使って 糸始末をします。
 
 
 
 
☆ 7 ☆ 
b0114777_23434460.jpg

 
b0114777_23453454.jpg

本体、そして腕の部分 両方が出来上がりましたところで、 
ついに これらのパーツを、綴じ針で縫いつける過程に取り掛かります。
 
写真の1枚目と2枚目のように、
まず 腕部分の一方を 本体につなげます。
横端と上下の3ヶ所をこのように チクチクと縫い付けていきましょう。
* ↓ * 和馬式 綴じ縫いの図。
b0114777_17201229.jpg

 
 
b0114777_23475031.jpg

 
b0114777_23481061.jpg

それができましたら、次の3枚目と4枚目のように
結び目を裏側に持っていきます。 
 
 
 
 
☆ 8 ☆
b0114777_2349839.jpg

 
b0114777_23495611.jpg

そして 縫い上がった片方のポケットに 手帳の表紙を差し込み、
もう片方の表紙に もう一方の腕部分の生地をかぶせるようにして、
反対側を このように縫い付けていきましょう。
 
 
 
 
☆ 9 ☆
b0114777_23502996.jpg

 
b0114777_23505350.jpg

 
そして 最後に、しおりなどの飾り付けをしましたら… 出来上がりです。
 
おつかれさまでした。 (*^ ω ^*)ゞ
 
 
今回、ボクがとりかかりましたのは 手帳サイズのものですが、
編み始めの目数を お好きな本の大きさに合わせて増やしましたり、
また、その時のお好みに応じて
毛絲の種類と 編み針の号数(太さ)を 変えられたりすることにより、
その作り手だけの オリジナルブックカバーが出来上がります。
 
 
それでは、今後とも
拙 手編み人 福本和馬 の部屋 を、
よろしくお願い申し上げます。
 
  ☆ ☆ (*・ ω ・*)ゞ ☆ ☆ 
 
 
 
 
[PR]
by knittman | 2008-12-12 08:02 | 手芸作品

11月13日  ハンカチ その3 【 黄緑&白 】

b0114777_7445126.jpg

こんばんは、和馬です。
先ほど 深夜2時半、新たな作品が出来上がりました。
最近できた友達に頼まれて編みました、コットン100パーセントのハンカチです。
今作に使用しました毛絲は、株式会社パピー御中の 『Soft Cotton』 で、
編み針は 棒針4号を使って 取り組みました。
 
今回は、8月に行なって以来の 『レッスン by 和馬』 をすべく
製作過程の写真をかなり多めに撮影しています。(相変わらず独りで。)
 
14日 午後11時 完了 ↓
 
 
☆ ☆ レッスン by 和馬  * ハンカチの作り方 *  ☆ ☆
 
*必要なもの*
〇 コットン100%の毛絲を2玉(2色を1玉ずつ)
〇 棒編み針4号   〇 ハサミ   〇 綴じ針
〇 ボタン・リボン等の飾り付けをお好みで
〇 棒針編みの教本 ( ここでボクがお教えすることのみでは 足りません。; )
 
 
☆☆ 1 ☆☆
b0114777_743826.jpg

まず、作り目を40目(5×5の鹿の子編みを8つ)編み、
そして 14マス(70目)まで編み進めます。
途中、12マス目(56目)から13マス目(65目)までの間には、
図のように、横30目(6マス)・縦10目(2マス)の
メリヤス編みの部分をこしらえます。
 
 
☆☆ 2 ☆☆
b0114777_2250071.jpg

それが終わりましたら、以前に 『プチバッグの作り方』の際に
紹介しました手法の糸始末を施します。
 
 
☆☆ 3 ☆☆
b0114777_2411726.jpg

ぎゅっ! と。 しかし 勢い余ってちぎらないように。
 
 
☆☆ 4 ☆☆
b0114777_2414277.jpg

場所を変えまして翌日、
(二日市駅東口より 右に20mほど行きましたところに在る 喫茶店にて。)
続いては、色違いの 同じ毛絲を取り出しまして、
横12目・縦70目(横2マス・縦14マス、しかし 1マスが 横6目・縦5目の形に。)
の 横に縫い付けるパーツを 2つ編みます。
 
 
☆☆ 5 ☆☆
b0114777_242578.jpg

そして、糸始末をしましょう。
 
 
☆☆ 6 ☆☆
b0114777_2423893.jpg

編み上がった2つのパーツを、本体の横に縫い付けます。
ここで注意すべき点は、両側とも 本体のほうが上になるよう
縫っていくこと、そして 縫い目をかけ違わぬよう、
こまめに確かめながら進めていくことです。
 
☆ 和馬式 綴じ付けの図 (正統派ではありません。) ☆
b0114777_239015.jpg


 
☆☆ 7 ☆☆ 
b0114777_2425633.jpg

上の図のように、先ほどと 編み目がかみ合う感じに
縫い返していきます。最後まで縫い進めましたら、戻ってきた 2つの糸端を
かた結び3回、束ね結びを2回行なって、
1センチほどの余裕を残して 切りましょう。
 
 
☆☆ 8 ☆☆
b0114777_7464028.jpg

再び 場所を変えまして(自室です)、
先ほどの パーツに使いました糸をまた使用しまして、
今度は 縦両端の段の網目に、図のように 棒針で糸をかき揚げて
新しい作り目をこしらえます。
これは けっこう力を使い 手にこたえる作業ですが、
慣れれば おのずと楽になってきます。
 
 
☆☆ 9 ☆☆ 
b0114777_2434268.jpg

8の過程を終えましたら、次は もう一方の編み針を手に 編み始めるのですが、
これまで手がけてきた鹿の子編みとは異なり、
次の1段を、全て裏編みで編み進めます。
その次は また その段の全てを裏編みで行なって参ります。
マフラーなどでよく行なわれます、1目ゴム編み というものです。
しかし、この作品は わずかこの2段で終了です。
 
 
☆☆ 10 ☆☆
b0114777_244630.jpg

その後、伏せ止めを致します。
 
 
☆☆ 11 ☆☆
b0114777_244225.jpg

そして、反対側の縦端にも 8~11の過程を繰り返しましたら、
最初の図のように 完成となります。 お疲れさまでした。
 
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  
 
 
 
[PR]
by knittman | 2008-11-13 02:13 | 手芸作品

8月16日  ◇ プチバッグの作り方 ◇  ‡ 後半 ‡

☆ 1 ☆
b0114777_13181738.jpg

まず、綴じ針に 緑 黄緑のどちらでも構いませんので 毛絲を通します。
そして、前半で編み上がりました 本体を、結び目の有る面を外側にして
山折りします。
つまり、15番のように 横側を縫い綴じた後に裏表を直した際、
すっきりとした方が表となるようにします。


☆ 2 ☆
b0114777_13181716.jpg

糸の通った針を、生地の編み目に、ボクが今通している位置へ 入れます。
半分に折った際、縦は上から 2マス目の初めの、横は端から1目と2目の間
となる場所にございます。
もちろん、2つとも一度に通します。


☆ 3 ☆
b0114777_15395653.jpg

横の場所がずれてしまわぬよう 注意しながら
左のほうへ、つまり 底の方へと 綴じていきます。



☆ 4 ☆
b0114777_1540871.jpg

底の方まで綴じていきましたら、
糸をゆっくりと引っ張って、50センチほどの長さをとります。



☆ 5 ☆
b0114777_15401935.jpg

3番で綴じて参りました糸筋を、次は逆の表裏で 針を引き返していきます。
先のほうまで綴じ進めていきましょう。

↓ 【和馬式(本当にそう言って良いのか不安にございますが;)綴じ合わせの図式】
b0114777_181412.jpg



☆ 6 ☆
b0114777_15402910.jpg

そして、綴じ針から糸を抜き、2マス目にありますもう1つの糸先を
針穴に通します。



☆ 7 ☆
b0114777_15404015.jpg

そして、5番のように、先のほうまで持っていきましょう。



☆ 8 ☆
b0114777_15404957.jpg

ふたつの糸端を、生地に密着させて 3回 片結びをします。
まだ、ここで切ってはいけません。



☆ 9 ☆
b0114777_15405931.jpg

ふたつの糸端を、1本ずつ 2マス目くらいのところへ持っていきます。
このとき、2本とも同じ編み目ではなく、1目ずらして針を入れましょう。



☆ 10 ☆
b0114777_1541993.jpg

3回片結びをしまして、最後に1回、2本まとめて 図のように結びます。



☆ 11 ☆
b0114777_15411955.jpg

結び目から1センチあまり残しまして、図のように 糸端を切りましょう。


☆ 12 ☆
b0114777_15412959.jpg

3~4番と同じ要領で、反対側を縫っていきます。



☆ 13 ☆
b0114777_1654653.jpg

5番と同じ要領で 折り返しましょう。



☆ 14 ☆
b0114777_165563.jpg

6~10番の要領で ふたつの糸端を結び、
結び目から少し余裕を残して ハサミで切りましょう。



☆ 15 ☆
b0114777_166563.jpg

裏返しましたら、本体の出来上がりです。



☆ 16 ☆
b0114777_1661556.jpg

次は 取っ手を編みましょう。
図のように、7目 作り目を編みます。



☆ 17 ☆
b0114777_16462073.jpg

そして、 裏(1)・表(2)・裏(3)・表(4)・裏(5)・表(6)・裏(7)と 2段目を編み、
それから60段 編み目の表裏を変えずに編み続けます。
糸端は 30センチ程の長さを保ったまま、まだ切らないで下さい。
これを、2個作ります。



☆ 18 ☆
b0114777_16463143.jpg

次に 長さ50センチ程の糸を別に用意し、
取っ手の中央の編み目に、図のように 上へ上へと埋め込んでいきましょう。



☆ 19 ☆
b0114777_16464343.jpg

要領としては、5番と似ています。
先のほうまで 糸を埋め込みましたら、折り返して入れましょう。
これは、使うごとに 取っ手が伸びてしまわないようにするための 補強にございます。



☆ 20 ☆
b0114777_1646578.jpg

もちろん、2個とも同じように この補強作業を行います。
この糸端は、4回片結びを 1回するだけで構いません。



☆ 21 ☆
b0114777_16471269.jpg

本体と取っ手を縫い付けるところに入ります。
残しておいた糸端を針に通し、図の場所に縫い入れます。
(端から3マス目の部分。縦は 1マス目と2マス目の境目。)



☆ 22 ☆
b0114777_16472560.jpg
   
折り返しましょう。



☆ 23 ☆
b0114777_1648363.jpg

そして、図のように、すぐ上の段に移り、21・22番を繰り返します。
さらに、これをもう1回 また上の段にしまして、
計3回、21・22番の縫い付けを行います。



☆ 24 ☆
b0114777_16485088.jpg

ふたつの糸端を、互いが結ばれやすい位置まで持っていきます。



☆ 25 ☆
b0114777_21595532.jpg
     
片結びを4回し、その後 束ねて2回結びましょう。


☆ 26 ☆
b0114777_2201236.jpg

他の箇所も、21~25番の手順と同じ要領で 縫い付けていきましょう。
ゴールは目前です!


☆ 27 ☆
b0114777_2204737.jpg

4ヵ所目の糸始末を終えましたら....


☆ 28 ☆
b0114777_2205957.jpg

出来上がり☆☆!!!!
編集が遅くて 申し訳ございませんでした。;
もし これをご覧になって 似たようなものを御作りになられた御方が
いらっしゃいましたら、本当に お疲れ様でした。
そして 何より、心から感謝申し上げます。ありがとうございました! m( _ _ )m
[PR]
by knittman | 2008-08-16 13:18 | 手芸作品

7月29日  ◇ プチバッグの作り方 ◇  ‡ 前半 ‡

b0114777_23422358.jpg

こんばんは、和馬です。
ここでは、とあるご来場者からリクエストして頂きました
『ニットバッグの作り方』のレッスンに 挑戦させていただこうと思い存じ上げます。
テストの準備・本番期間中も、細々ですが 製作をしておりました....。
少しでも お役に立っていただければと思います。

なお、これらの画像は 全て ボク自身が1人で撮影しているものですが、
6番・13番など 両手を使って編んでいるシーンのものは、
セルフタイマーをセットした後、ケータイを 口にくわえて 撮影したものにございます。




☆ 用意するもの ☆
b0114777_2354577.jpg

◇ ハマナカ Best Frend "L" 黄緑・緑 (サンカクヤにて販売)
◇ 棒針4号  ◇ 綴じ針  ◇ ハサミ (いずれも 百円ショップのもので十分です)
◇ 手芸店等で売られている 任意の編み物教本
 (やはりブログですので、ここでの説明のみでは とても及ばぬと思います。)


☆ 1 ☆
b0114777_23542642.jpg

まず、編み針を 2本同じ向きに揃えて右手に持ち、
1メートル強 少し糸を多めにとって 作り目(一番最初の段)を55目(5×11)編みましょう。
それが編み終わりましたら、どちらかの針を 【1本だけ】 、作り目から引き抜きます。
そして このように、端きれ側の糸を、20~30センチほど残して ハサミで切ります。
!!注意!! 間違って 糸玉側のほうを切ってしまわないよう 良くご確認をして下さい。



☆ 2 ☆
b0114777_00398.jpg

次に、縦5目・横5目の鹿の子(かのこ)編みを、8マス(40段)まで行います。
1段目を編む際に、5目ごとに表と裏を交互に編み替えていきます。
そして、5段目が終了しましたら 6段目から それまでとは表裏逆に編んでいきます。
10段目が終わりましたら、11段目からは再び逆に....それを繰り返します。
そして、大方 3マス目が済みましたら そこでしばし 編み針を休めまして
縫い針よりもふたまわり大きい 綴じ針を手にとりましょう。



☆ 3 ☆
b0114777_08689.jpg

ここでは、正統派のものとはかなり違いますが ボクがいつもしている
糸始末のやり方を掲載しています。糸端に針を通して 近くの編目に刺し込み、
波状に5・6目ほど入れていきます。そして 今度は 刺し込んできた逆の方向へ
針を入れ、再び 方向を変えて5・6目、波状に綴じ針を進めていきます。


☆ 4 ☆
b0114777_08226.jpg

これら一連の流れができましたら、次は 今糸端の根本があるところに
針を通し込み、このように 輪をつくります。



☆ 5 ☆
b0114777_084159.jpg

そして、その輪に糸端を通して きゅっと引っ張ります。
念を押して ボクはさらに 4番の輪っかづくりをもう一度して 2度しばり付けて
それから 余分な端きれを切っています。この際、1センチあまりの余裕を
残しておくことが大切です。



☆ 6 ☆
b0114777_0171398.jpg

さあ、8マス目(40段)まで なるべく丁寧に編んでいきましょう。



☆ 7 ☆
b0114777_0173943.jpg

40段まで編み上がりましたら、端を20センチ程残して 糸を切ります。
次からは もう一つの 緑の毛糸を使用します。



☆ 8 ☆
b0114777_0223345.jpg

新しい色のほうも 同じく20センチ程の長さを残して 編んでいきます。
ここでは、まだ糸端は そっとしておきましょう。



☆ 9 ☆
b0114777_024323.jpg

2マスほど編めたところで 糸端の処理に取り掛かります。
針をしばし休め、綴じ針を使っていきましょう。



☆ 10 ☆
b0114777_0345876.jpg

まず、このようにふたつの糸端を3回 かた結びにします。



☆ 11 ☆
b0114777_0351720.jpg

そして、ここから 再び綴じ針の出番です。
2本の糸端を 絡み合わせるように、波状に編み目をとおしていきましょう。



☆ 12 ☆
b0114777_0405281.jpg

もう一度 糸端を3回結び合わせ、更に2本そろえて
1回 キュッ としばります。 そして1センチあまり残して ハサミで切りましょう。



☆ 13 ☆
b0114777_0411685.jpg

さあ、再び 8マスまで編み続けます。(黄緑を合わせると 16マス 80目)
※もし途中で 糸に結び目がありました場合、無視せずに
端のほうまで編み戻し、10~12番の手順で 糸始末を行いましょう。



☆ 14 ☆
b0114777_04827100.jpg

再び 緑の部分を8マス続けますと、7番と同じ要領で
20センチ程の長さを残して 糸を切ります。



☆ 15 ☆
b0114777_0483960.jpg

そして 8番と同じ要領で 今度は再び 始めと同じ 黄緑の糸を
最初の1目に編み入れ また2マス(10段)程 進めていきましょう。



☆ 16 ☆
b0114777_0555087.jpg

10~12番と同じ要領で 糸始末をしましょう。
そして、同じく8マス(40段 合計8×3=24マス 120段)
まで編んでいきます。



☆ 17 ☆
b0114777_056963.jpg

できました!ここから先の 最後の1段は これまでとは
違う “伏せ止め”という編み方で行います。




☆ 18 ☆
b0114777_111756.jpg
     
編み目を2つ編み、右の編み目を編み目を左にかぶせ、
次の目を編み、右の目をかぶせ...を ドミノ倒しのように 段が終わるまで続けます。


☆ 19 ☆
b0114777_113229.jpg

さあ、もうすぐだ!



☆ 20 ☆
b0114777_18614.jpg

この伏せ止めが終わりましたら、余った分を 20センチ程の長さを残し
その糸端を 最後の編み目に通します。そして、ほど良い力加減で引き締めましょう。



☆ 21 ☆
b0114777_183254.jpg

終りの糸端も、最初の時のように 3~4番の要領で
同じような糸始末を行いましょう。



☆ 22 ☆
b0114777_112501.jpg

十分に 糸を編み地に結びつけましたら、ついに! 余裕を残して 糸を切り離します。




☆ 23 ☆
b0114777_1131746.jpg

本体生地の出来上がりです、
付いてきて下さいました方がいらっしゃいましたら 嬉しく思い存じ上げます。
お疲れ様でした。
[PR]
by knittman | 2008-07-29 23:42 | 手芸作品