タグ:手前用 ( 23 ) タグの人気記事

4月25日  ブックカバー3号 

b0114777_19253134.jpg

 
 
◇◇ 使用した糸 ◇◇
〇 SeaQueen WashableCotton 《 シークイン ウォッシャブルコットン 》 
〇 材質 : 綿50% ・ アクリル50% 
 
◇ 使用した針 : 棒針4号 ・ とじ針 太め1本 
◇ その他、 ほつれ止め1個、ハサミ1個 
 
 
 
☆☆ 製作過程のカケラ ☆☆ 
 
b0114777_19253153.jpg

 
 
b0114777_19253130.jpg

 
 
b0114777_19253189.jpg

 
 
b0114777_19253171.jpg

 
 
こんにちは、和馬です。
 
前々から 詩文の投稿はしていましたが、
手芸作品の投稿は 久しぶりな気がします。
この後、さらに自分用のエプロンも作るのですが…、
やるべきことをいろいろとしながら、それもしっかり完成できたらと思います。
これまで 文芸作品に添付していた写真は、
エプロンを作っているところですね。
近頃ではもう、ケータイのフォルダ内が 自分を撮った写真で一杯になっています。
 
 今日も、ご訪問 心から ありがとうございます。
 老若男女 すべての人々に、手作りの喜びを…☆ 
 
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
 
 
[PR]
by knittman | 2009-04-25 19:25 | 手芸作品

11月4日  ウエストポーチ

b0114777_15515554.jpg

こんばんは、和馬です。
今回は、かつて 今年1月に作って以来 2作目となります、
ウエストポーチを編んで参りました。
普段 手さげカバンに入れている 応急セットや裁縫道具などを
ボランティア活動などのときにも携行できるように、と思いまして。
 
そして その前作は、この部屋にも掲載しているのですが、
今作は使いやすさを重視し、それに比べて かなり 軽く小さめになりました。
使用しました糸も 中細で、『旭紡績株式会社』御中という御所の、
『Medley M 』というもので編んでおります。
そして、以前 10月20日に出来上がりましたペンケースの
『UNITIKA KNITTINNG YARN』と同じく、
この 『Medley M 』も 露店にて買ったものでありますゆえ、
販売されている店は紹介できないのですが...
既に 廃番となっているかと思われます。
 
 
 
 ☆ ☆ 製作過程のカケラ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
 
b0114777_19174056.jpg

後ろのベルトは、このように ベルトを通すための別布を編み、
本体に縫い付けることで 取り付けております。
 
 
 
b0114777_15515514.jpg

今回は 前側の上部に かぎ針編みを使用しております。
こちらは、後側より10目手前のところで 伏せ止めを行い、
その後、そこから かぎ針を使って 細編みをしているところです。
 
 
 
b0114777_15515536.jpg

そして 長編みを。 今回は こうしてできた長編みのすき間を
ボタンホールとして代用しています。
 
 
 
b0114777_15515582.jpg

更に、前ポケットのほうにも 長編みを施しました。
まず、6マス目(30段)まで 普通に鹿の子編みで進めていき、
それができましたら、伏せ止めを行って 一度その作業を終わらせます。
 
 
 
b0114777_15515692.jpg

次に、これまで編んできたときとは逆の方向に、
新しい糸を使って かぎ編み針で細編みを始めます。
 
 
 
b0114777_15515653.jpg

さらに長編みを終えましたら、
再び棒編みを手に取り、新しい編み目を作って 鹿の子編みへと移ります。
この、かぎ針編みから棒針編みへの移行は 今作が初めてで、
ボクにとっては 新技となります。
 
逆の 棒針編みからかぎ針編みへの移行は、
かつて 5月7日に編み上がりました ボーイズ服
『ドルフィンローブ』 などでも行っておりますが。
 
 
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
 
 
[PR]
by knittman | 2008-11-04 15:51 | 手芸作品

9月29日  デミ・ハンドニット 6号

b0114777_2320264.jpg

後期を迎え、新たな一日を過ごして参りました、和馬です。
今日は、2年次後期にて 最初の手芸作品を掲載させていただきます。
デミ・ハンドニットの 手前用長袖シャツでございます。
 
デミとは、フランス語で 『半分』という意味でして、
ある程度の幅を持つ裾飾りと ポケットを編み、
それらを 市販のシャツに縫いつけ、さらに ケープを編んで
肩にかぶせましたものを、 『デミ・ハンドニット』 と言っております。
 
今回 使いました毛絲は、
裾飾りの部分が、ハマナカの 『 Best Friends 【L】 』 (189円)、
ポケットの部分が、ダイソーの 『 抗菌防臭 アクリル毛糸 並太 』 (105円)、
そしてケープが、ハマナカの 『 SeaQueen WashableCotton 』 (231円)
でございます。編み針は、棒針の6号を使用しました。
 
 
 
‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡
 
☆☆ 蛇足 ◇ 縫い付けの一場面 ◇ ☆☆
 
b0114777_2320310.jpg

定規を使いながら、編み目に合わせて 印を打っていき、
その後、極めて小さめの綴じ針で、生地を 服地に縫い付けて参ります。
印に使いますペンは、コンビニで売られているような
普通のボールペンでも構いません。
また、縫い付けの際に使います糸は、中細以下 (適正棒針 5号 より細いもの) が
妥当でございます。しかし、裁縫に使う 縫い糸のように細いものでは、
今度は ちぎれやすくなってしまいますので、
適度な太さと、そして 強度をもつものでなければなりません。
シャツの材質にもよりますが、ボクがお勧めしますものでは、
上記の 『 SeaQueen WashableCotton 』 や、
ダイソーの 『 きらりんラメ 』 などがございます。
 
‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡ ‡
 
 
 
 
[PR]
by knittman | 2008-09-29 23:20 | 手芸作品

9月26日  輪編みのペンダント

b0114777_1051941.jpg

前回のコースターで初めて致しました、
輪の長編みを、今日 再び練習で編んで参りました。
糸は、ダイソーにて販売されておりました
『きらりんラメ』(アクリル49%・綿48%・ポリエステル3%)の 黒と青を使い、
針の太さは 5号でございます。

いやはや... 夏期休暇最後の作品が、新鮮な技を使ったもので 何よりにございます。
かなり 小物ではありますけど...。

まだ 説明の表現が上手くできそうにないので 不安にございますが、
いずれ、『レッスン by 和馬』にて “コースターの作り方” をさせて頂こうかと
思い存じ上げております。
[PR]
by knittman | 2008-09-26 10:05 | 手芸作品

9月20日  冬用腰巻 1号

b0114777_23354424.jpg

こんばんは、和馬です。
今回は、これまで手がけたことのなかった、スカートを編んで参りました。
かつて6月に コットンの腰巻を作っておりましたが、
あちらは 左横が開いているのに対し、
今作は 四方を全て縫いつないでおり、違う系統のものにございます。

先日 短歌を掲載しました時に申し上げたが、糸は ハマナカの『Best Friends』 を
使用しております。針の太さは 7号でございます。

今回も、本文の書き込みが かなり遅くなってしまい 大変申し訳なく想っています。
この3日間、ただならぬ事情が有りましたゆえにございますが、今は まだ申せません。
後々、或る壁掛けを とある場所へ プレゼントとして編む予定にございますが、
その折に、お話をさせて頂きたいと想い存じ上げます。



b0114777_23354469.jpg

今作も ささやかではございますが、いろいろと工夫を練り込みました。
こちらは そのうちの一つで 二重ポケットを縫い付けているところにございます。
[PR]
by knittman | 2008-09-20 23:35 | 手芸作品

9月2日  2枚合わせのマフラー

b0114777_251479.jpg

この2枚の生地は もともと、デミ・ハンドニットの服を作る際に使う
付け裾になるはずだったのですが、編み目がゆるくなりすぎてしまった
ということで、; 長さを足し、互いを縫い合わせることで、マフラーとしました。
表側の、紫のほうは セリア(100円ショップ)にて売られていました、
(今はもう時期的に無いと思いますゆえ 過去形。)"KiraKira Summer"を、
裏側の、 カーキのほうは ダイソーにておなじみの"きらりんラメ"を使用致しました。
どちらも、綿を半分ほど含んでおりますので、肌ざわりは 悪くはございません。


b0114777_2514742.jpg

飾りを編んでいるところを、ケータイを口にくわえ
セルフタイマーで撮影しましたものにございます。
今回は あまり慣れない かぎ編み針を使ってみました。
下田直子さん とおっしゃる御方が著作になられた教本を見ながらの 輪編みです。
[PR]
by knittman | 2008-09-02 02:51 | 手芸作品

8月31日  文字付き裁縫道具ケース

b0114777_16163397.jpg

今年指折りのビッグイベントを終えまして、
早速 またひとつ作品を完成させましたので、ここに掲載させて頂きます。
パソコンを家族で共有しているということもあり、
画像のアップロードから 本文を書くまでの時間が かなり空いてしまうことが
多々あり、申し訳ありません。;
しかし、一番の原因はやはり 文章力の無さ かと思います。

これは、裁縫道具と ブログの名刺を入れておくものにございます。
これまで、まるで事件の証拠物件にでも使うかのような
チャック付きの透明なポリ袋でしたので。;


b0114777_16521622.jpg

刺繍の途中、「やっぱり“護”にしようかしら....」と思ったりもしましたが、
多少マイナスのイメージを醸し出す字でも、
手前用なのだから 好きな文字にしておきたいな と思う方が強く、
結局は “誇”でいきました。
[PR]
by knittman | 2008-08-31 16:16 | 手芸作品

8月21日  巾着とプチバッグ & 発表会のお知らせ

b0114777_16342951.jpg

今日は 8月中で最後になってしまうであろう作品を 掲載させて頂きました。
青いプチバッグは手前用で、いつも携行している 傷薬とティッシュ、ばんそうこうを
入れるものにございます。これまで使っていたケースを 洗濯しようと思いまして。

b0114777_1015145.jpg

何気ない作品ですが、今回は 取っ手の部分を長く作って
両端に耳がついたようなデザインにしてみたり、
オリジナルで考えついた手法を使ってみたり、
ボタンを 高いものにしたりと、ちっぽけな工夫を施しております。

そして 黄色の巾着は、まだまだ先のことですが いとこに 誕生日プレゼントとして、
これに ボクが携行している、マキロン・保湿ティッシュ・ばんそうこうの
応急3点セットを入れて お贈りしようかと思い存じあげております。
用意の良さは ひとつの大切なチカラだと思っておりますゆえ。




☆ ☆ 発表会のお知らせ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

b0114777_220655.jpg

名称 :バスティン グランドコンサート ソロ&コンチェルト

日時 :2008年8月30日 14:00開場

場所 :春日市ふれあい文化センター “スプリングホール”
    【 福岡県春日市 大谷6丁目24番地 】

 ※入場料は 無料にございます。※

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


明日より9月の初めまで 約10日間、
発表会に向けて 最後の追い込みをすべく、
ブログ製作を控えようと思い存じ上げます。
現在 とりかかっております小説の続きも、その時からの掲載となります。
今日、書き上げられると思ったのですが...。 ( _ _ ;)

 それでは、しばし 失礼致します。
[PR]
by knittman | 2008-08-21 16:34 | 手芸作品

8月9日  デミ・ハンドニット 5号

b0114777_21563384.jpg

いろいろと 作りかけの作品を一気に編み上げている今日この頃、
今宵も、またひとつ 手前用のものが完成致しました。 一応、夏物にございます。

今作で使いました 糸の種類は、
ケープ部分は ハマナカの『SeaQueen WashableCotton』 と
大創産業の『きらりんラメ』、本体の裾部分は ケープの黒い飾り付けと同じく
『きらりんラメ』を、そしてポケットの部分は....編んでいる途中で パッケージベルトを
捨ててしまいました。; が、『きらりんラメ』と同じく ダイソーで買ったもので、
材質は 毛とアクリルの2種類で できています。
編み針は ケープが5号、裾とポケット、そしてケープの黒い飾りが6号です。

今回で5作目となりました デミ(半分、半ば という意味)・ハンドニットは、
普通のシャツに 編み上げた生地を 小さめの綴じ針と中細以下の細い毛糸で
縫っていくわけですが、その前に行う マーカーで印を打っていく作業が
なかなか神経を使うものです。3ミリ あるいは3.5ミリの間隔を
200回余りにわたって 延々とマークしていき、その後
生地の編み目に合わせて 1針1針、服地を傷めてしまわないよう 慎重に
進めていかなければなりませんので...。
普通にフルで編むよりは 短時間でできますが、
それらとは また違った系統の根性が必要です。


b0114777_21563388.jpg


今回は かつての『白雲のジャケット』のように襟(えり)を付けたり
後部に飾り付けをしたりと、ケープに一段と工夫を練り込みました。
これは その飾りの一段目を編み込んでいるところで、
ケープ本体が出来上がったのちに 特定の段の編み目に 横へ横へと
新しい糸を 1本の針ですくい上げていきます。
我流で考え出したものゆえ、おそらく 普通の教本には載っていないと思います。
[PR]
by knittman | 2008-08-09 21:56 | 手芸作品

6月30日  デミ・ハンドニット 4号

b0114777_4132348.jpg


文芸部での作業が ひとまず切りの良いところまでいきました後、
眠い目をこすりながら 85パーセント程出来ていた この作品を
つい先ほどまで粘り、ぶっちぎりで完成させました。
一度寝てからのほうが良かったかもしれませんが、
いろいろ考えても、やはり早めに更新したかったので。

ケープのほうは 既に6月の初旬から出来上がっていまして、
材料の糸は 大創産業の『きらりんラメ』
(アクリル49%、綿48%、ポリエステル3%)を使用しております。
また 基材となるシャツに縫いつけました すそ布とポケットの糸は、
ハマナカ株式会社の『Best Friends』(アクリル100%)を使用致しました。

しかし、ようやく夏向けの手前用が ボチボチと編みあがってきだして、
「まあ とりあえずは...。」と言った感じです。
すべきことは 本当に山積みですが。
....本気で眠たくなってしまいました。 それでは、また作品を掲載する日まで.....。




‡‡追伸‡‡
b0114777_4482554.jpg

一昨日の土曜日、短歌で申し上げていました通りに
父さん 母さん ふたりへのプレゼントを買いに 花屋へお伺いしたのですが、
百日草は 無かったようですので、
代わりに サルビア(青)‡ 花言葉:尊敬 ‡を 200円で買って帰りました。
[PR]
by knittman | 2008-06-30 04:13 | 手芸作品