11月4日  ウエストポーチ

b0114777_15515554.jpg

こんばんは、和馬です。
今回は、かつて 今年1月に作って以来 2作目となります、
ウエストポーチを編んで参りました。
普段 手さげカバンに入れている 応急セットや裁縫道具などを
ボランティア活動などのときにも携行できるように、と思いまして。
 
そして その前作は、この部屋にも掲載しているのですが、
今作は使いやすさを重視し、それに比べて かなり 軽く小さめになりました。
使用しました糸も 中細で、『旭紡績株式会社』御中という御所の、
『Medley M 』というもので編んでおります。
そして、以前 10月20日に出来上がりましたペンケースの
『UNITIKA KNITTINNG YARN』と同じく、
この 『Medley M 』も 露店にて買ったものでありますゆえ、
販売されている店は紹介できないのですが...
既に 廃番となっているかと思われます。
 
 
 
 ☆ ☆ 製作過程のカケラ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
 
b0114777_19174056.jpg

後ろのベルトは、このように ベルトを通すための別布を編み、
本体に縫い付けることで 取り付けております。
 
 
 
b0114777_15515514.jpg

今回は 前側の上部に かぎ針編みを使用しております。
こちらは、後側より10目手前のところで 伏せ止めを行い、
その後、そこから かぎ針を使って 細編みをしているところです。
 
 
 
b0114777_15515536.jpg

そして 長編みを。 今回は こうしてできた長編みのすき間を
ボタンホールとして代用しています。
 
 
 
b0114777_15515582.jpg

更に、前ポケットのほうにも 長編みを施しました。
まず、6マス目(30段)まで 普通に鹿の子編みで進めていき、
それができましたら、伏せ止めを行って 一度その作業を終わらせます。
 
 
 
b0114777_15515692.jpg

次に、これまで編んできたときとは逆の方向に、
新しい糸を使って かぎ編み針で細編みを始めます。
 
 
 
b0114777_15515653.jpg

さらに長編みを終えましたら、
再び棒編みを手に取り、新しい編み目を作って 鹿の子編みへと移ります。
この、かぎ針編みから棒針編みへの移行は 今作が初めてで、
ボクにとっては 新技となります。
 
逆の 棒針編みからかぎ針編みへの移行は、
かつて 5月7日に編み上がりました ボーイズ服
『ドルフィンローブ』 などでも行っておりますが。
 
 
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
 
 
[PR]
by knittman | 2008-11-04 15:51 | 手芸作品
<< 11月6日  イベントのお知らせ 11月2日  ポエムをお送り致... >>